上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんわ(。・・。)ノかほです
最近すっかりリア充ぽくなっちゃいまして、ROHANネタがさっぱりごじゃりません。。
ログインしてても、なーんもしてません。別にログインしなくてもいいんじゃないかと思うくらい!w
あれ\(^o^)/引退ふらg



久しぶりに読みものです!
本屋によって、適当に手にとって面白かったです。
ずーっと書こうと思ってたんだけど、引越しとかでバタバタして・・・実家においてきちゃった( ´△`)アァ-




椰月 美智子さんの、『しずかな日々』です。

地味な小学五年生の男の子の、夏休みのお話です。
すごーくすごーく、本編も静かに進みます。
でもその静かな描写がすごく印象的なお話です。
縁側とか、庭の水撒きだとか、おじいさんのお漬物だったり、子どもからみるととても大きなおにぎりだったり
田舎のイメージというか、ポカポカした陽だまり。
大きな世間を騒がすような事件が起こるわけでもなくね。
静かなんだけど、とても暖かくなるお話。
1回読み終わって、また読みたくなりますよ!





ほかに、椰月美智子さんの本を読んだことはありません。
石田衣良さんのときは、同じ人の本を何冊か続けて読みましたけどね。
この本は、完全に本屋の立ち読みでほれた本です!


・・・まぁ私が読んだのも、本当に夏休みの時期だったんですw
あれ?そろそろ冬休みじゃn



実家に帰ったら、持ってこよう(*´ω`*)

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。